占いは、私たちにとってどのような存在なのか

占いに対してどのようなイメージを持っていますか?
最近は、占いをカウンセリングのような相談場所として利用している人も多いようですね。
占いなしでは生きていけない!というくらい占いを信じている人もいるかもしれません。
でも、大多数の人はそうではないと思います。占いは、私たちにとってどのような存在なのでしょうか。

いつもの毎日に+αをしてくれる存在

占いは、なくても問題ないけれど、あるとちょっぴり嬉しい+αな存在と言えるのではないでしょうか。
例えば毎朝、ニュース番組の占いコーナーで今日の運勢のランキングを放送していますが、
みなくても別にいつもと変わりなく一日を過ごせますよね。
でも、なんとなく目に入って、しかも結果が良かったりしたら、なんだか、ちょっと嬉しい気持ちになりますよね。
占いというのは、いつもと同じ毎日にちょっとしたスパイスを与えてくれるものなのです。
占いは、控えめだけれど、夢と希望を与えてくれるポジティブな力をたくさん持っていると思いませんか。

占いを信じる信じないは関係ない

占いを+αの存在として考える人は、その占い結果を信じる信じないは関係なく楽しめるのだと思います。
よく言われている、良い占い結果だけ信じる、という人が多いのは、そのためだと思います。
普段それほど気にしているものではないから、結果が悪くてもそんなには気にならない、でも、良い結果だと悪い気はしない、というわけです。
占いが、町中のいろんなところで目に出来るのは、こっそりひっそり私たちを楽しませてくれているからなのですね。
占いを信じていないと否定する人も居ますが、占いは、結果がすべてではありません。
多くの人の心を救済してくれるような力も持っているんですよ。

悩み相談の場に占いを選ぶ人が急増

最近、自分で解決できない悩みを、占いに相談する人が急増しているそうです。
長い間悩みに苦しまされていて、限界を迎えた人が、何とかして解決の糸口を見つけようと
藁をもすがる気持ちで、占いに相談しに来るのです。
rthssh
占い師は、解決法占いによって導き出し、アドバイスという形で教えてくれます。
もちろん、占い結果がそのまま解決方法になるわけではありません。
悩みを解決させるのは自分自身ですから、占ってもらったら解決した、ということはあり得ません。
それでも、悩みを占いに相談して良かったと感じている人は大勢います。

誰かに話を聞いてもらえたことによって得るもの

その理由は、自分以外の誰かに悩みを聞いてもらえたことによる安心感や、
悩みを自分自身の中で整理して、外に発散したことで、客観的に自分を見ることができたために
解決方法を自ずと見つけられたり、解決まではいかなくとも、気持ちが軽くなったと感じる人が多いからです。
誰にも言えない悩みは、自分だけで抱えていると本当に苦しい物ですよね。
占いという場所が、悩み発散のカウンセリング要素を持って、悩める人々を救済してくれているのです。
だから、占いの結果が当たるかどうかは関係ありません。
悩みに苦しんでいる人は是非、占いに相談してみてはいかがでしょうか。
占い師の求人をお探しの方、占い師募集 | 電話占いピュアリ【http://offer.purely-inc.jp/】へお問い合わせください。

更新情報